ツールドフランスレビュー

2011年07月26日

ということで、2011年ツール・ド・フランスはカデル・エヴァンスが
総合優勝!やった〜!

このまま優勝できなかったらとても残念な気持ちで
来年を迎えることになったと思いますが、とてもすがすがしい気分。

34歳という年齢だし、年々体力が厳しくなるはずだから。
カデル・エヴァンスの印象はとにかくチームのサポートが弱い。不運。
というイメージ。

いつも一人になる。
引いて欲しいときに人がいない。
大事なときにトラブル。

なんだな〜。

登りも早いし、TTも早い、
もっと早くに総合優勝しててもおかしくなかったのだけれども。
何がそうさせたのか。

性格がとてもよさそうで、
昔マイヨジョーヌを着た日には表彰台で涙していて
こっちもうるっと来ました。

今回の優勝のときも涙涙でこちらもうるっときましたよ。
今回は確実にカデルエヴァンスの実力勝利。もちろん
チーム力もあるだろうけど、他チームほど恵まれてなかった
と思う。

毎年ツール・ド・フランスはドラマがあっていい。


なんだか気になるこれ。

ツール100話―ツール・ド・フランス100年の歴史












コメント(0)トラックバック(0)│ 

2011年07月22日

ツール・ド・フランス2011の18ステージ
さっき見終えたとこですが、アンディ・シュレクが勝ったのも
すごかったのですが、それよりすごいと思ったのが
トマ・ボクレールがエヴァンス、フランクシュレクについていって
ゴールしたとこ。。。


ボクレールの悶絶の表情が印象に残りました。
乳酸がたまりまくってもう全部限界!という顔でした。


あれっと思ったのはコンタドールが遅れたこと。
あまりこういうことはなかったのに今年はかなり調子が悪いようだ。
ジロデイタリアでは強すぎておもしろくなかったほどなのに。。。


ツール・ド・フランス2011 18ステージゴール時点の総合順位
1、トマ・ボクレール 79時間34分6秒
2、アンディ・シュレク 15秒
3、フランク・シュレク 1分8秒
4、カデル・エヴァンス 1分12秒
5、クネゴ 3分46秒
6、バッソ 3分46秒
7、コンタドール 4分44秒
8、サミュエル・サンチェス 5分20秒

明日はラルプデュエズがゴールなのでタイムがまた
変わる見込み。あさってはロングなタイムトライアルで総合優勝が
決まる見込み。これは目が離せない。

今日はまさかボクレールがマイヨジョーヌを守れるとは思ってなかった
ので、ボクレールには失礼だけどみんなそう思ってたかも。

明日はアンディとフランクがすべきことはコンタドールは落ちてしまった
ので、もうほっておいてタイムトライアルに強いエヴァンスをどうにかすること。

このまま行くと総合優勝最有力候補がエヴァンスになると思われます。
アンディはあと1分くらいはラルプデュエズで差をつけたいところ。
ただ、アンディもタイムトライアルが弱いことがわかっているから強化
してきたかもしれない。

ボクレールはここまで来たら明日もくらいついてマイヨジョーヌを守ってみせて欲しい。

とにかく明日、あさってがとても重要。
自分としては万年2位の地位のエヴァンス。
ぜひ優勝してもらいたいのだが。



コメント(0)トラックバック(0)│ 

2011年07月17日

ツール・ド・フランス2011も中盤(14ステージ)

今日は山岳登りゴール。
ベルギー人、オメガファルマロットのバネンデールが優勝
グライペルにジルベールほんとに強いチームだ。

何より今日驚いたのがトマ・ボクレールがマイヨジョーヌを
守りきったこと。今までではありえない。

ボクレールがそもそも総合優勝争いになんて考えても
なかったけどここにきて、1秒も失わずに競合トップに
残ったのがすごすぎる。

新城選手もチームメイトとして喜んでいるはず。
しかし、後半はラルプデュエズもあるしおそらく脱落すると
思う。

それにしても今日は頂上ゴールなのに上位陣がアンディシュレクが
2秒アドバンテージをとったのみでおもしろみがなかったし、
誰が調子が良いのかどうかもちょっとわかりづらかった。

今日もシュレク兄弟のアタックもあったことはあったが少しパンチが
足りなかったか。

明日は平地だから今日は勝負お預けといった印象でした。


それにしてもフォイクトよくコケますね。
おととし?100km超えての落車で気を失うも復活。


ほんま自転車レースこわいわ。
でもおもしろい。





コメント(0)トラックバック(0)│ 

2010年07月05日

ツール・ド・フランス2010が始まりましたね。
今年は誰が優勝するのかはおそらくコンタドール、
アンディシュレクとかなり予想はつきやすいけど
ランス・アームストロングがどうなるのか
個人的に気になります。


今日は第3ステージ。
後半の下りで大落車がありアンディが遅れました。
これは厳しい。落車ってほんとに痛そう。
スポンサーの都合とかで抱えてるものも大きいから
そんなに簡単にリタイアできないし。
プロの世界は厳しいですね。


毎年山あり谷ありで酒を飲みながら
ツール・ド・フランスを見るのが楽しみです。
新城選手は今年1勝をあげられるか。
これも楽しみです。

コメント(0)トラックバック(0)│ 

2009年07月27日



仲良く映っているお二人さん。
ついにツール・ド・フランスを完走してしまいました。
栗村さんも泣くほどすごいことです。


13年ぶりに今中さんに続き日本人ツール・ド・フランスへの
参加となりましたが今中さんは体調を崩し完走できませんでした。
その意思をこの2人が継いでくれたのか。


思いのほかほんとはどうかわかりませんが、簡単に
完走してしまったような気もします。別府選手にいたっては
「活躍して当たり前」という気合っぽくて、7位に入って
喜ばれたのが逆に残念だったというくらい。


なんとエフィカシー(自己イメージ)の高い。。。
タイガーウッズと同じ考え方で


「オレはまだまだこんなもんじゃない」
と本気で思ってるからまだまだ上にいけるんですよね。
スポーツマンにとって大切な要素です。


オレは世界一だ。
とウソでも信じることが大事。
新城選手はどういうタイプかわからないけど
別府選手は結構そういう人かも。


この「快挙」を一般の友人に説明しても
「ふ〜ん」と言う感じで誰もわかってくれないが、
そのうち「出て当たり前」の世界になるのだろうか。


サッカーも野球も日本人が活躍してくるようになったのも
この数十年の話だし、自転車の世界もそうなのかもしれない。
日本では残念ながらスポーツとしての自転車はそんなに普及
してませんからね。


この日本人選手2人は「ツール・ド・フランスに出たいという
日本人が増えて欲しい」と願っておられます。


来年は3人くらい出てくれんかな。
ほんとに今年はすごかったです。
楽しませてくれてほんとにありがとう。



コメント(0)トラックバック(0)│ 
ツール・ド・フランス第21最終ステージ。
今日はシャンゼリゼ通りのスプリント勝負のみで
あとはパリまでのパレードの日。


日本人選手2人がここまでたどり着きました。
感慨深いものがあります。カメラにも手を振って
くれたりしてましたね。


パリの周回コースまではわきあいあいなのですが
パリに入ったら今度はなんと別府選手が逃げを作り
7人で最後の10kmくらいまでなんと逃げました!


しかもめちゃ引っ張ってるし、最後の3人になるまで
ずっと逃げ続けて「BEPPU」というローマ字がたびたび
表示されてぞくぞくしました。


beppu escape



吸収されるだろうとは思う感じだけど逃げ切れ!とも
応援してしまいます。それで逃げ切れなかったら新城取れ!
とも思ってましたが、今日は圧倒的な強さで
カベンディッシュ!まだ24歳か。これが。


カベンディッシュも初ツール完走だろうし
相当うれしかったのでは。
新城は残念ながら10位以内に入れず。
来年も出てくれよ!ステージ優勝期待してます。


コンタドールもこれで総合が完全に確定。
ランス・アームストロングが3位とすごい表彰台に
なりました。


そのランス・アームストロングが来年立ち上げる
チームですがアメリカ・テキサス州フォートワース
の大型家電チェーンのレディオシャック(RadioShack Corporation)
というところらしい。


チーム名は「チームレディオシャック」になるらしく
レディオシャックの仮サイトがもうできてます。


どんなジャージになるのだろう。




今日はほんとに熱い一日でした。
別府の活躍を世界に知らしめることになったので
これからの彼の動きが気になります。


もっとでかいチームに移るかもしれないし、


と、とーーー!
今記事を書いている最中に別府選手本日の敢闘賞の情報が。
ええええ〜!


これはすごい。
パリの表彰台で日本人です。。。。。
おおおお、、、、、・・


言葉にならない。


て映像まだかいな。
結局どうやったんやろう。



でも個人的に敢闘賞です。
ほんとに今年のツール・ド・フランスは
楽しませてもらいました。



シャカリキの中でカイザー(さかまきレオナ)が
オレはツール・ド・フランスをあきらめていない!
みたいなシーンがありましたが、リアルに日本人が
走っている姿を見て信じられない気分を味わえました。
そりゃシュークリームも泣きますわ。


言葉にならない。
今年はそんなツール・ド・フランスでした。

コメント(0)トラックバック(0)│ 

2009年07月26日

ツール・ド・フランス第2009第20ステージ、魔の山モンバントゥーの
結果は、自分はコンタドールがなんやかんや優勝するだろうと思いきや
ラボバンクのガラテと、コロンビアハイロードの若手トニー・マルティン
が最後まで逃げ、ガラテが最後制しました!



こりゃ今日のクイズは難しかった。
4000人中100人くらい当ててましたがかなりの玄人ですな。


そしてコンタドールは差をつけられることなくゴール!
2位のアンディ・シュレクに4分以上の差をつけていたので
余裕で総合優勝は決定だけどほっとした気持ちでいっぱい
でしょう。


そして気になるランス・アームストロングはなんと3位キープ。
3年ぶりの現役復帰、ソファで寝てた?だけの男が3位です。
おそるべき結果。ツール・ド・フランスとなるとバカ力を発揮
してしまう性質なのでしょうか。


さすがに7回連続総合優勝してるだけに、そういったスイッチが
入ってるかもしれません。ジロ・デ・イタリアは12位と鎖骨を折った
影響もありあまりでしたが。ツール・ド・フランスで3位はすごい。


そして来年はアメリカの家電メーカーをスポンサーにつけ、
ブリュイニル監督を呼び、自らのチームを作るのだとか。


ガンを克服して7連覇、3年たち現役復帰で3位。
偉業に偉業を重ねるランス・アームストロングですが、
ガン撲滅のための活動としてのモチベーションが彼を
そうさせるのか。


来年のツール・ド・フランスも楽しみです。
久しぶりにまた見に行きたい!


明日はシャンゼリゼ。
スプリント勝負が見ものです。
日本人選手2人も活躍してくれるか。
明日は2人ともゴールできそうですね。


よくがんばったなと思います。
ほんとにすごかった。感動をありがとう。
来年も出れるようにがんばって欲しいです。



コメント(0)トラックバック(0)│ 

2009年07月25日

ツール・ド・フランス2009第19ステージ
山岳を交えた最後はスプリントの予想されるステージ。
今日はスプリンターたちには厳しいコース。


苦手な山岳を超えながらも最後のスプリント勝負
へ持ち込まないといけない。個人的にはスプリンターは
置いていかれると思いましたけど、フスホフトもカベンディッシュも
アシストに支えられ結構がんばってました。


んで最後はカベンディッシュが残りいつもの最強の
コロンビアトレインができカベンディッシュが優勝。


いやそれよりゴール数キロ前から別府選手がいる!


ツール・ド・フランス別府



カベンディッシュのすぐ後ろ!!
しかも7位でゴール!!すごい!!
一人で見てたけど拍手!!フミすごいぞ!


ツール・ド・フランス別府2



こうやって10位以内に日本の国旗が出るのが
不思議でうれしくてたまらない。また一人ガッツポーズ。


ほんとやってくれるよな〜。
今日はいい気分で眠れそうです。


そして明日は魔の山モンバントゥー。。。
果たして総合順位は入れ替わるのか。総合上位をかけた
選手の完全ガチンコバトルの日。


ランス・アームストロングはスーパーランス・アームストロングに
変身するのか。アンディシュレクは2位をキープできるのか
ペリツォッティは山頂を取りに来るのか。いろいろ楽しみな
ことがあります。


とにもかくにもあと2日。
日本人2人のシャンゼリゼゴールも見えてきました、


今年は日本の自転車界にとって歴史的な年ですね。


コメント(0)トラックバック(0)│ 

2009年07月24日

ツール・ド・フランス大18ステージの結果。
なんとカンチェラーラに3秒差をつけて
コンタドールが優勝!!!!


平均50.1kmというバカスピードのカンチェラーラに勝つとは
すごい。山岳がなければ圧倒的にカンチェラーラが優勝でした
けど、今回はそういうコースだったか。


登りのところの計測地点ではカンチェラーラにコンタドールが
1分差くらいつけてたのにゴールでは3秒差ってことは下りと
平地がやはりカンチェラーラが早いってこと。


ランス・アームストロングはシュレク兄弟にきのうタイム差
をつけられたので今日は挽回するかと思いきやあまりタイムは
伸びず15位。総合3位にとどまることに。


目標の2位になるためにはアンディ・シュレクとの差1分14秒を
埋めないといけないのだけれども、明日の下りゴール、
そしてあさってのモンバントゥーでは難しいのでは。。。


そして以下の総合結果からもあるように5分台が4人。
この4人がどう移動するかまだちょっとわからない。


コンタドール 0
アンディ・シュレク 4'11
ランス・アームストロング 5'25
ウィギンス 5'36
クレーデン 5'38
フランク・シュレク 5'59
ニバリ 7'15
バンデベルデ 10'08
アスタルロサ 12'38
レメベル 12'41

コンタドールはもうほぼ総合優勝決定。
あとは2位と3位、または3位争いがどうなるかだ。


明日、特にあさってのモンバントゥーは絶対
見逃せないステージになることは間違いない。



コメント(0)トラックバック(0)│ 

2009年07月23日

ツール・ド・フランス2009第17ステージ。
山岳ステージ 下りゴール。


昨日は2つの大きな山超えでしたが今日は中上級を
どんどん超えるコース。


かなり疲れた体を鞭打って勝ちに行かなければ
ならないコース。


残り30km


残ったのはコンタドール、クレーデン、シュレク兄弟
ランス・アームストロング、ウィギンスなど上位陣は
残ってます。


今日はシュレク兄弟が活躍し最後の峠をトップで通過。
最後はそのシュレク兄弟、コンタドールの3人の集団に。



その後ランス・アームストロング、ニバリが続く。
総合順位で言うと、コンタドールとランス・アームストロングが
ウィギンスにさらにタイムを伸ばす感じ。


というかウィギンスは今日はサクソバンクとアスタナに
かなりチームプレイでやられた感じでした。明らかに
ランス・アームストロングに揺さぶられてて若干かわいそうでした。


レースは最後下りなので山頂からのタイム差はほぼ埋められぬ
ままシュレク兄弟、コンタドールが3人でゴール。


優勝者は兄のフランク・シュレク。
これはコンタドールと話して今日は引っ張ってもらったりして
コンタドールの総合優勝へ貢献してくれたフランクとアンディ
に勝利を譲ったのでは?


と言われても仕方ないけどうまいことコンタドールも2位でゴール。
「一応がんばったけど、フランクが強かったよ」とでもコメント
しておけば差しさわりがないか。。。


ちょっとロードレースの世界は難しい。


そして次の集団でランス・アームストロング、ニバリ
少し遅れてクレーデンがゴール。


これでウィギンスへのタイム差を開けれたので
アスタナとしては大成功のステージ。


残念ながらアンディ、フランクシュレク兄弟は明日の
タイムトライアルでの遅れが予想されるので、明日は
総合上位3人が「アスタナ」という結果になるかも
しれない。


それにしてもだが、
ランス・アームストロングは強い。
37歳とは思えない強さ。


そしてまた来年もツール・ド・フランスに挑戦するという。
今年やってみて、まだいけるという感じがつかめたのでは。


しかし、しかしですが、コンタドールがいなければ、、、、
優勝してたかもってとこですね。


そうマスコミとかに言われたらコンタドールとしては
ものっすごいやりにくいですが。別のチームなら素直に
楽しめたのかもしれませんが。。。むぅ。



さて、明日は40kmのタイムトライアル。
カンチェラーラのバカスピードが見られるのと
タイム差が気になります。


というわけで本日はシュレク兄弟大活躍でした。
コメント(0)トラックバック(0)│ 




WiMAX
業界最安値!月額1980円のWiMAX!!
ヤフオク!
オススメ!!
knog(ノグ) BEETLE 2LED/WHITE TRANSLUCENT 54-3521000011
knog(ノグ) BEETLE 2LED/WHITE TRANSLUCENT 54-3521000011
軽量!
デザイン性にも優れた
Knogの小型ライト

CAT EYE: CC-RD300W ストラーダ・ワイヤレス
CAT EYE: CC-RD300W ストラーダ・ワイヤレス
やっぱメーターはワイヤレス
薄型でシンプル

topeak(トピーク) マイクロ ロケット CB マスターブラスター PPM052/TMR-CB
topeak(トピーク) マイクロ ロケット CB マスターブラスター PPM052/TMR-CB
旅のお供は軽いほうがいい。

MINOURA DS-520  ディスプレイスタンド
MINOURA DS-520 ディスプレイスタンド
これがあればメンテナンスもしやすい!

自転車ナビ
プロフィール

やなぎ

管理人やなぎです。ロードレーサーやMTBに乗って20年。自転車、山登りが大好きです。犬猫動物も好きなのでたまにその話題になります(∩´∀`)∩

TagCloud
ブログランキング
人気ブログランキングへ

ブログランキングならblogram

ブログランキングとれまが

ブログランキング☆BITZ



ブログの惑星

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログへ

サイト登録 Paseon

あわせて読みたい
QRコード
QRコード
SEO

  • SEO診断
  • SEOブログパーツ
ロードバイクの部品屋さん もしドラアニメ
  • ライブドアブログ